お気楽南仏生活
彼氏の赴任についていくために急遽結婚、 お気楽新婚生活を南仏で送っている 新米主婦のお話 南仏(&ヨーロッパ)の日々の暮らしをお届けします

自己紹介!

きよ

  • Author:きよ
  • 南仏お気楽生活へようこそ!
    南仏の日常の情報、
    いっぱい詰め込んで行きますね!



カレンダー

2月の中欧旅行記アップしました!カテゴリーの「2月のバカンス中欧旅行」をクリックしてね!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事

だんだん春まっさかりになってきた南仏です。



最近のコメント

コメントよろしくおねがしま~す



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー

5月のオランダ気候、一気に更新しました~!ご覧ください~。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



FC2カウンター



フリーエリア

このブログが気に入ったら下のバナーをクリック! クリックするとブログランキングへ飛びます。 同時に投票ができる仕組みです。 順位が上がると見に来てくれる人が増えて、私のやる気もUP! ↓応援クリックお願いします!↓

banner banner banner



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


思いがけない一人旅その2

とりあえず、目的ルートを取りながら銀行を探したのですが・・・。
銀行が見つかる前にサンタ・チェチリア・イン・トラステヴェレ教会へ到着。
すごくマイナーな教会ではありますが、
ピエトロカッヴァリーニの「最後の審判」
を見たかったので行きました。
でも、私が行った時にはお昼のミサがちょうど始まってしまいました。
で、そとから中の様子をのぞいていると、
「入ってらっしゃい」と修道女さんが手招きをしてくれたので、
お言葉に甘えてミサ中にもかかわらず教会内にいれさせていただきました。
教会はロマネスク様式、柔らかい雰囲気の装飾で、とても美しかったです。
私一人に、修道女さんが7人程度で、
祭壇で修道女さんが歌を歌いだしました。
その、厳かな雰囲気を味わっていましたが、
異教徒の自分が作品目当てに教会にいることがおこがましく思えて、
静かに教会を後にしました。
2006_0819_130459.jpg
教会内。祭壇のほうで修道女さんが歌を歌っています

目的のものは見れませんでしたが、素敵な時間を体験できました。

その後、そのそばのフランチェスコ・ア・リーパ教会を見に行きました。
この教会もあまり有名ではないのですが、私はどうしても行きたかった教会。
ベルニーニの「ludovica albertoni」があるのです。

・・・でも!!
ああ、昼休み・・・16時まであかないの・・・?


今は13時半・・・
仕方なしに次の目的地、
ナボーナ広場まであるいて行きました。

そしてやっと銀行が見つかりました!
お金を下ろして、まず水!!!

そう思って振り返るとおいしそうなジェラート屋さんが・・・
もう、すぐに駆け込んでジェラートと水を購入。
100m先のナボーナ広場に着くまでにジェラートむさぼり食い、
ナボーナ広場のムーア人の噴水脇のベンチに座り、
500mlの水を一気飲み。

2006_0819_134739.jpg
ムーア人の噴水ベルニーニ作

もう、飢えた獣?のような私・・・(ToT)

少し落ち着いて、観光客でいっぱいのナボーナ広場を散策しました。
ナボーナ広場には、3つの噴水があります。
手前から「ムーア人の噴水」
真ん中が「4大河の噴水」(2つともベルニーニ作。)
一番奥が「ネプチューンの噴水」

そして、その「4大河の噴水の前」には
サンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会があります。
2006_0819_134229.jpg
ナボーナ広場。左手がサンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会、中央にオベリスクがあるのが4大河の噴水。(「天使と悪魔」に出てくる噴水です。)

この教会を立てた人と、ベルニーニはすごく仲が悪かったらしく、
4大河の噴水の一人(ラプラタ)は、
教会が倒れないように手を教会に向かって掲げ
もう一人(ナイル)は、見るに耐えないと布をかぶっています。
2006_0819_135010.jpg
右に教会があります。手を掲げるラプラタ、布で自分の顔を覆うナイル

う~ん、面白い!っていうか、
そんな仲の悪さをこの時代まで残るような形で
作品に残しちゃってるベルニーニがすごいわ。

そして少し疲れた私は、2時くらいにスーパーによって、
だんな様と自分のお昼ご飯を購入してホテルへ帰りました。

結局すべて歩いてしまった私。われながら驚きでした。(~_~;)

この記事を気に入ってくれたら!
こちらをクリック!

↓↓↓↓↓↓↓↓
banner←人気ブログランキングへ
banner←FC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:南フランスの生活 - ジャンル:海外情報


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kiyoman.blog20.fc2.com/tb.php/354-d8c811ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。