お気楽南仏生活
彼氏の赴任についていくために急遽結婚、 お気楽新婚生活を南仏で送っている 新米主婦のお話 南仏(&ヨーロッパ)の日々の暮らしをお届けします

自己紹介!

きよ

  • Author:きよ
  • 南仏お気楽生活へようこそ!
    南仏の日常の情報、
    いっぱい詰め込んで行きますね!



カレンダー

2月の中欧旅行記アップしました!カテゴリーの「2月のバカンス中欧旅行」をクリックしてね!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事

だんだん春まっさかりになってきた南仏です。



最近のコメント

コメントよろしくおねがしま~す



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー

5月のオランダ気候、一気に更新しました~!ご覧ください~。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



FC2カウンター



フリーエリア

このブログが気に入ったら下のバナーをクリック! クリックするとブログランキングへ飛びます。 同時に投票ができる仕組みです。 順位が上がると見に来てくれる人が増えて、私のやる気もUP! ↓応援クリックお願いします!↓

banner banner banner



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロンドン紀行3(大英博物館)

ロンドン2日目。
今日は、以前から行きたくて仕方なかった、
「大英博物館」へ行きました!
2006_0507_111749.jpg
大英博物館外観
2006_0507_112151.jpg
博物館内のエントランス。新しくてとてもかっこいい。
2006_0507_112857.jpg
エントランスのまん前にある大英図書館。圧巻・・・すごい図書館でした。(何がおいてあるのかわかんないけど)

「世界中から、最高の美術品を剥奪してきた」ともいわれちゃう、
悪名高き、そして名声高き、大英博物館。
その言われようにけっして劣らないすばらしいコレクション・・・。

昨年末、エジプトに行った際に、
その場になかった、スフィンクスのひげだとか・・・
カルナック神殿の銅像だとか・・・・
それがここにはあるんです。
2005_1227_123211.jpg
このスフィンクスのおひげが・・・。
2006_0507_113619.jpg
これ。思ったよりちいさい

2006_0507_115111.jpg
私の大好きなエジプトの復活のシンボル、「スカラベ(フンコロガシ)」の石像。

先週行った、フランス南西部、フィジャックの村。
フィジャックには「ロゼッタストーン」のレプリカがあるのですが、
(ロゼッタストーン発見者の故郷がフィジャック)
本物はここにあるんだ・・・
2006_0507_114551.jpg
ロゼッタストーン

あれ?これは・・・この間、オランダのエッシャー美術館で見た
エッシャーが描いた「Another World」の人の顔をした鳥では・・・。
なぜここに???!!!
(でもこれが何だかよくわからない。知ってる人教えてください!)
2006_0507_131533.jpg
・・・なんだろうこれ。
PRO5ESC.jpg
この絵。

ああ、フィレンツェのウフィッツィ美術館においてあった
カラカラと太陽神アポロのレプリカ像。
その本物はここにあったのですか・・・。
2006_0507_115535.jpg  2006_0507_115536.jpg

太陽神アポロの像・・・・  そしてカラカラ。

いつか行きたい島、イースター島。
って、モアイ(かなりちいさい)がここにあるじゃないですか!!
2006_0507_124036.jpg
ちいさいけどモアイ。



すごいいいいいいい!!!




今まで欧州やエジプト、いろいろ回ってきたけど
この大英博物館にいると、そのいろいろな土地と
あちらこちらでリンクしていて、
ああ、あそこのあれがここに!あそこでお話をきいたあれがここに!
とか・・・

大英博物館は、世界中のものが集まっているのだと
本当に感心しました。

そして、日本の物はというと・・・
あら!これが???というものがありました。
葛飾北斎、冨嶽三十六景の「神奈川沖裏」「凱風快晴」・・・
「神奈川沖裏」はメトロポリタン美術館、シカゴ美術館が
有名ですが、ここにもあったとは・・・。
2006_0507_125622.jpg
北斎、「神奈川沖裏」

思わぬところで見れてちょっと感動でした。

あとすばらしかったのが「能面」
能面自体を私は始めてみました。
この能面が誰が作ったものなのか
誰がもともと持っていたものなのかはわからなかったのですが
(17世紀~18世紀のものとされています)
その能面の表情にしばし見とれてしまいました。
2006_0507_125440.jpg
能面。美しい・・・
すべての表情を表すといわれる能面。その笑顔、怒り顔、泣き顔、苦しい顔、その表情すべてが
この表情の中にあるのです。

これって日本版モナリザ?日本人って、すごい・・・と思わずにいられないものでした。

大英博物館の中で、まったく無知識のもので興味を引いたのが
ギリシャ文化。
ああ、アテネに行かなくちゃ・・・という思いが強まりました。

そして、大英博物館で今やってる特別展
「ミケランジェロ素描展」

ミケランジェロ!!こいつは絶対見なくっちゃ!!!
ということで見たのですが・・・。
しばし言葉を失うこと数分・・・。
あまりのうまさに・・・。
そのあまりの生々しさにサブいぼです。
これがミケランジェロの筆跡・・・。

ああ、バチカンに行かなくちゃ・・・
最後の審判は絶対に見なくちゃ。
ピエタ像も絶対に見なくちゃ。
という思いもムラムラ・・・

大英博物館に行って、今まで回った
欧州各国、エジプト、日本の色々なものが
うわぁ~っと私の中でいきなりリンクしてきました。

世界は色々なところでリンクしている。もっと世界を見てみたい。そんな風に思う博物館、
それが大英博物館なんだ。

世界に誇るイギリスの至宝たち。
その至宝を各国に返そうよ・・・という気持ち半分、
でも、
世界と世界史を旅できるすばらしい博物館。(しかもタダで)
こんな博物館が世界にひとつあってもいいのかな。
という気持ち半分。
難しいです・・・。

どちらにしてもいけてよかった。

機会があれば
世界史を勉強しなおしてもう一度生きたい博物館です。


追記・・・
2006_0507_151129.jpg
面白いものを見つけました。お土産やさんにあったものだけど、海洋堂のミニチュア品。これ「syokugan(食玩)」という商品名。でもおやつはいってないよ~。(~_~;)


私も大英博物館に行きたい!!
なんて思ってくれたら!こちらをクリック!

↓↓↓↓↓↓↓↓
banner←人気ブログランキングへ
banner←FC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:南フランスの生活 - ジャンル:海外情報


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kiyoman.blog20.fc2.com/tb.php/285-f9af5a0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。