お気楽南仏生活
彼氏の赴任についていくために急遽結婚、 お気楽新婚生活を南仏で送っている 新米主婦のお話 南仏(&ヨーロッパ)の日々の暮らしをお届けします

自己紹介!

きよ

  • Author:きよ
  • 南仏お気楽生活へようこそ!
    南仏の日常の情報、
    いっぱい詰め込んで行きますね!



カレンダー

2月の中欧旅行記アップしました!カテゴリーの「2月のバカンス中欧旅行」をクリックしてね!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事

だんだん春まっさかりになってきた南仏です。



最近のコメント

コメントよろしくおねがしま~す



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー

5月のオランダ気候、一気に更新しました~!ご覧ください~。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



FC2カウンター



フリーエリア

このブログが気に入ったら下のバナーをクリック! クリックするとブログランキングへ飛びます。 同時に投票ができる仕組みです。 順位が上がると見に来てくれる人が増えて、私のやる気もUP! ↓応援クリックお願いします!↓

banner banner banner



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バロリスへ行く

今日は、お昼過ぎから我が家から車で10分ほどのところにある
バロリスという村へ行きました。

バロリスは陶器が非常に有名な村で、
南仏柄の黄色や青や白の陶器からつぼまで、
いっぱい陶器を作っています。


我が家からは非常に近い村なのですが、
なぜか今まで行っていませんでした。

今日、バロリスに行った目的は、
ピカソ美術館の「戦争と平和」を見るためです。
バロリスは、晩年のピカソが陶器の勉強をしながら
陶器の作品を作った村です。
そして、この村に、「戦争と平和」という大作を残しました。
2006_0423_125812.jpg
ピカソ美術館の入り口の看板。かわいい。
2006_0423_131434.jpg
ここが戦争と平和のある建物の入り口。

戦争と平和・・・そのピカソが表現したかった本当の意味を
私は理解できたのかどうかはわかりませんが、
すごく心に焼きつく、力あふれる作品で、
長い時間見ていたくなるような作品でした。
(写真撮影禁止だったので写真撮れず・・・残念(-_-;))

その大作の空間で私とだんな様2人っきりで
ゆっくりピカソの絵を見させてもらいました。

なんて贅沢な時間。

2006_0423_132835.jpg
ピカソ美術館の前に何気なくおかれている
ピカソの作品。「ヤギを抱く少年」(うろ覚え)


以前にも書きましたが、
著名な芸術家たちの作品や、世界遺産を
日常生活の中で、ゆっくり、じっくり見れる幸せ。

南仏で暮らしていて、ああ幸せだな。と思う
瞬間のひとつです。



「戦争と平和」見てみたい。
バロリスに行って見たい!

なんて思ってくれたら!こちらをクリック!

↓↓↓↓↓↓↓↓
banner←人気ブログランキングへ
banner←FC2ブログランキングへ

※ランキングの仕組み・・・
上記のバナーをクリックすると、それぞれのランキングページに飛びます。それと同時に私のブログにポイントが加算され、順位がUP!します。そうすることによってより多くの人にブログを見てもらえて、私のやる気もUP!!(する予定)です!!!
皆様のクリックひとつが応援です!今日も一日それぞれに1クリック!
よろしくお願いします!

スポンサーサイト

テーマ:南フランスの生活 - ジャンル:海外情報


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kiyoman.blog20.fc2.com/tb.php/270-132e0175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。