お気楽南仏生活
彼氏の赴任についていくために急遽結婚、 お気楽新婚生活を南仏で送っている 新米主婦のお話 南仏(&ヨーロッパ)の日々の暮らしをお届けします

自己紹介!

きよ

  • Author:きよ
  • 南仏お気楽生活へようこそ!
    南仏の日常の情報、
    いっぱい詰め込んで行きますね!



カレンダー

2月の中欧旅行記アップしました!カテゴリーの「2月のバカンス中欧旅行」をクリックしてね!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事

だんだん春まっさかりになってきた南仏です。



最近のコメント

コメントよろしくおねがしま~す



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー

5月のオランダ気候、一気に更新しました~!ご覧ください~。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



FC2カウンター



フリーエリア

このブログが気に入ったら下のバナーをクリック! クリックするとブログランキングへ飛びます。 同時に投票ができる仕組みです。 順位が上がると見に来てくれる人が増えて、私のやる気もUP! ↓応援クリックお願いします!↓

banner banner banner



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南仏の人たち2

この間の南仏の人たちに続いて第2弾。

子供のしかり方について思うことです。

こっちの大人たちは、子供にたいしてよく怒ります
そしてよく愛でます

子供が何か悪さをしたとたん、
腕を引きちぎれんばかりに子供を引っ張りよせ、
子供の顔、10cmほどに顔を近づけ、
すっごく怖い顔して、小声でしかりつける・・・
傍目に見てても怖い・・・くらいすごい迫力です。

でも、きちんと言われたことを守ると
キスの嵐。

子供を遠くからしかりつけたりあまりしません。
子供を追いかけて行って、腕が抜けるほど引っ張って、
(しつこいけど、本当に腕が抜けちゃう!!っておもうほど引っ張る人が多いんです・・・)そばに寄せて怒ります。もちろん、たたいたりもします。

子供が、悪いことをしたことがよくわかるような怒り方。
そして、いい事をした時にほめられるうれしさが
よく伝わるほめ方。

すごくいいな~と思います。
遠くから怒鳴るのって、あまりかっこよくないし・・・。

それにあわせて驚いたことがほかにもあるんです。

5歳くらいの子供がはしゃいで、街中でずっこけた時。
かなりすさまじいこけ方で、私は、
「あ~泣いちゃう・・・(ToT)」なんて思うのですが・・・
まず、親が起こしにいきます。
で、日本だったら、ここで子供は親の顔を見たとたん
安心して(甘えて?)泣き出してしまうところですが・・・
こっちの子供は「しまった・・・」(ーー;)という顔をして起き上がります。
そしてその後、
親にかなりいい勢いでおしりをたたかれ、
しかられるんです・・・。(ToT)


こういう光景を3回見ました。。。

公共の面前で、はしゃいで転ぶということは、
自分が悪い・・・ということを怒っているのでしょうか・・・

子供は転んだ上に、おやに起こられ・・・泣きっ面に蜂。
踏んだりけったりです・・・(ToT)

でもそのおかげであまり転ばなくなるのでしょうか・・・
これに関しては、いまだに見ると少しかわいそう・・・
と思うのですが
こういうところらから、公衆の面前での
自分の行動というものを叩き込まれてゆくのでしょうね・・・(たぶん)

ということで今日はこっちの人たちの子供のしかり方。
でした~(^・^)


なるほどね~なんて思ってくれたあなたは!
こちらをクリック!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ランキング参加中です





スポンサーサイト

テーマ:フランスの生活 - ジャンル:海外情報


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kiyoman.blog20.fc2.com/tb.php/220-e51a9207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。