お気楽南仏生活
彼氏の赴任についていくために急遽結婚、 お気楽新婚生活を南仏で送っている 新米主婦のお話 南仏(&ヨーロッパ)の日々の暮らしをお届けします

自己紹介!

きよ

  • Author:きよ
  • 南仏お気楽生活へようこそ!
    南仏の日常の情報、
    いっぱい詰め込んで行きますね!



カレンダー

2月の中欧旅行記アップしました!カテゴリーの「2月のバカンス中欧旅行」をクリックしてね!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事

だんだん春まっさかりになってきた南仏です。



最近のコメント

コメントよろしくおねがしま~す



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー

5月のオランダ気候、一気に更新しました~!ご覧ください~。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



FC2カウンター



フリーエリア

このブログが気に入ったら下のバナーをクリック! クリックするとブログランキングへ飛びます。 同時に投票ができる仕組みです。 順位が上がると見に来てくれる人が増えて、私のやる気もUP! ↓応援クリックお願いします!↓

banner banner banner



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ルクソールへ

今日は、早朝に起きて、飛行機で一路、ルクソールへ。
カルナック神殿と、ルクソール神殿を見学します!

カルナック神殿に行ってびっくりしたのは、
スフィンクスのすさまじい数と、
観光客の数・・・(~_~;)
まるでお祭りのようでした・・・
2005_1228_095926.jpg
すごい数の観光客

カルナック神殿にしても、ルクソール神殿にしても
本当にすべての柱などが大きくて立派。
その柱すべてに、レリーフ、もしくは凹型の彫刻が施され、
色が少し残っていました。
当時は、きっとすばらしくカラフルな状態だったのでしょう。

想像するだけで楽しくなります。

2005_1228_110033.jpg
カルナック神殿の柱

そして、その柱の巨大さ、形状の美しさ、
部品のあわせの正確さもさることながら、
その柱に施されている彫刻の見事さにも
目を奪われます。

大きいものに絵を描くことは私たちですら非常に難しい。
形が狂ってしまったりするもんです。
でも、古代エジプトの彫刻にはそういうことが一切ない。
お墓内などに描かれている小さな神々(高さ30CM)ほどのものも、
その巨大な柱に施されている神々(1m近く)のものも、
まったく同じ絵柄がきれいに拡大され、
寸分の狂いもない状態なのです。
それが、今から3500年も前の人々が描いた絵ですよ?

驚愕です。。。

2005_1228_101800.jpg
柱に施された彫刻の数々

そして、巨大なオベリスク。
どうやってその柱を立てたのか、その技術も
いまだ解明されていないようです。
でも、私の目の前には、3500年もの間のいくつかの大地震を、
かいくぐってきて、それでも倒れていないオベリスクがある。
2005_1228_102907.jpg
カルナック神殿に聳え立つオベリスク

古代エジプト文明・・・
本当にすごい。。。

この2つの神殿は、もう、口を開けっ放しで、呆然としてしまう、
そんなかんじでした。


2005_1228_130817.jpg
ルクソール神殿の入り口ふきん
ここは、元は、オベリスクが2本。右側のオベリスクはパリのコンコルド広場に立っています。


私もエジプト文明を肌で感じたいわ!
そう思ってくれたら、
こちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ランキング参加中です

スポンサーサイト

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kiyoman.blog20.fc2.com/tb.php/173-ae70ace2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。