お気楽南仏生活
彼氏の赴任についていくために急遽結婚、 お気楽新婚生活を南仏で送っている 新米主婦のお話 南仏(&ヨーロッパ)の日々の暮らしをお届けします

自己紹介!

きよ

  • Author:きよ
  • 南仏お気楽生活へようこそ!
    南仏の日常の情報、
    いっぱい詰め込んで行きますね!



カレンダー

2月の中欧旅行記アップしました!カテゴリーの「2月のバカンス中欧旅行」をクリックしてね!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事

だんだん春まっさかりになってきた南仏です。



最近のコメント

コメントよろしくおねがしま~す



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー

5月のオランダ気候、一気に更新しました~!ご覧ください~。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



FC2カウンター



フリーエリア

このブログが気に入ったら下のバナーをクリック! クリックするとブログランキングへ飛びます。 同時に投票ができる仕組みです。 順位が上がると見に来てくれる人が増えて、私のやる気もUP! ↓応援クリックお願いします!↓

banner banner banner



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中欧旅行

今の時期、だんな様のお仕事が一段落。
一週間のお休みをとって、中欧旅行へ出かけることにしました。
旅程は、
ドイツ、ケルンを経由して、
チェコのプラハ、オーストリアのウィーン、
ハンガリーのブダペスト
を飛行機と電車で回ります。

まずは、ドイツの中規模都市、ケルン。
空港がとってもおしゃれでした。
2006_0204_145126.jpg
空港内

そして、空港からセンターの町までは、電車です
駅もとても素敵。
2006_0204_150325.jpg

さすがデザイン大国ドイツ!といういう感じです。

ケルンでは1泊して、経由するだけだったので、
大聖堂を見学して、あとは、街の中の繁華街をお散歩。

大聖堂はとても立派でした。
ミラノのドゥオーモに勝るとも劣らぬというかんじ。
2006_0204_161045.jpg
大聖堂外観
2006_0204_162617.jpg
中の立派なモザイクの床
2006_0204_162927.jpg
素敵なステンドグラス

夜、雲の中に隠れる大聖堂の絵がとても美しかったです。
2006_0204_185538.jpg



あしたは、飛行機でプラハに入ります!
楽しみ~!


写真を気に入ってくれたら
こちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ランキング参加中です


スポンサーサイト

テーマ:フランスの生活 - ジャンル:海外情報


プラハ1

いよいよプラハに入ります。
旧東欧諸国。楽しみです!

2006_0205_100559.jpg
空港・・・見るからに寒そうです・・・

今日は、街の中をぷらぷら散歩しました。
町並みは、とてもきれいで、
今まで旅した西側欧州の町とは、
どことなく雰囲気も、建物も違う感じでした。

2006_0205_120011.jpg
広場で音楽を演奏するおじさま。
とても上手でした(でも寒そう
)

2006_0205_120210.jpg
町並み
チェコの有名な画家といえば、ミュシャ。
今日のお昼は、レストラン「ミュシャ」で、チェコ料理。
三種のお肉と5種の前菜盛り合わせです。
2006_0205_132702.jpg
三種のお肉の盛り合わせと5種の前菜。
2006_0205_141003.jpg
レストラン「ミュシャ」の入り口アールヌーボー調でかわいい。

おなかがいっぱいになって残してしまいましたが
とてもおいしい!
お店の雰囲気もとってもGOOD!でした!

2006_0205_152337.jpg
再びお散歩。カレル橋。ここには有名なフランシスコザビエルの像もあります。
2006_0205_155929.jpg
王宮の丘から見た景色。

夜になると、町の景色はより美しくなりました。
2006_0205_171926.jpg
橋の夜景
2006_0205_173456.jpg
白黒写真が似合います。

歴史を感じる建物と、少し寂れた雰囲気と、
白くはく息、凛とした空気、
とても雰囲気がありました。

あしたは、王宮とミュシャ美術館をに行きます。


チェコの景色がとっても素敵。
そう思ってくれたら
こちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ランキング参加中です



テーマ:フランスの生活 - ジャンル:海外情報


プラハ2

今日の午前中は、プラハの王宮ミュシャ美術館がメイン。
と、その前に、プラハ本駅に明日の電車の切符を買いに行きました。
本駅にはもうひとつの目的があります。カフェ。
本駅の3階にあるカフェは、アールヌーボー調の
趣があるカフェなんです。
2006_0206_085405.jpg
いいかんじの古さを感じるカフェ。

ここで朝のカプチーノをいただいて、いざ、ミュシャ美術館へ。

ミュシャ美術館では、ミュシャのさまざまなポスター、
絵画などが見ることができます。
ミュシャの絵をまじまじと見たのは初めてでしたが、
ミュシャ、すっごく良かった!!!(ToT)

線の美しさ、無駄のない的確な省略、すばらしい構図、
そして伝えたい事の明確さ。

どれをとってもすばらしい!
彼の絵は、今日に至る現在まで、
いろいろな形で応用されてることにも気がつきます。
その多くは、日本のアニメーションであったり、
漫画、そして現在の広告・・・グラフィックデザイン・・・
彼はまさにアールヌーボーだったんですね。

一気にミュシャファンになってしまいました。
そこで衝動に任せて2枚の大きいポスターを購入。

その後はプラハ城へ。
城内には教会があります。
その教会は、ネオゴシック様式の最高峰といわれる教会。

2006_0206_100614.jpg
教会外観
2006_0206_103507.jpg
教会内
2006_0206_101847.jpg
教会内
厳格でいて、きらびやかなその教会には、
ミュシャのステンドグラスもあります。
各ステンドグラスも、欧州西側の教会とは
少し色使いが違い、より華やかでした。
2006_0206_101240.jpg
色鮮やかなステンドグラス
2006_0206_101418.jpg
ミュシャのステンドグラス

とても美しいお城と教会。
見所満載のプラハの町です。
プラハに行ってみたい~!
そう思ってくれたら
こちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへランキング参加中です

テーマ:フランスの生活 - ジャンル:海外情報


プラハ3

午後は少し街をお散歩。そしてランチ。
いくらお散歩しても飽きない美しい街。
2006_0206_115420.jpg

2006_0206_130405.jpg

2006_0206_155422.jpg
再び白黒で・・・


ランチは、主人の同僚のチェコ人お勧めの
ベーグルやさん。
2006_0206_122130.jpg

とってもおいしかった!!けど・・・
異常に大きかったので、半分は持ち帰りをしました(~_~;)


夜、市民会館の中にあるアールヌーボーホールで
コンサートを聴きました。

その前に、市民会館内にある
カフェで夕ご飯をいただきました。

2006_0206_181955.jpg
カフェの内装。アールヌーボー調、シャンデリアがいかす!!
2006_0206_182118.jpg
いただいたスープ。
2006_0206_183151.jpg
カツレツ。おいしかった~

このカフェもしかり、市民会館自体も、
アールヌーボー様式の美しい建物でした。
こういう雰囲気の中で、カフェしたり、食事したり、
そういうすごし方も中欧ならでは。な感じです!

で、コンサートはというと、
12人くらいの編成で弦楽オケでした。
(指揮者なし)
曲目はヴィバルディー「四季」の秋と冬。
決して上手というレベルではありませんでしたが、
3000円・・・ということを考えれば
十分に楽しめる演奏でした。

プラハの町は、町並みも、雰囲気も、
芸術的なとても美しい街でした。


あしたは、電車でウイーンに入ります!


プラハの雰囲気が伝わりましたか?
プラハに行ってみたい!
そう思った方はこちらをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ランキング参加中です

テーマ:フランスの生活 - ジャンル:海外情報


ウイーンへ

欧州に住み始めてはじめての列車のたびです。まずは列車がでる駅まで地下鉄で移動。
新しい地下鉄なので、駅もとてもおしゃれで美しいです。
2006_0207_090953.jpg
地下鉄構内
2006_0207_091007.jpg
地下鉄のホーム!かっこいい!

列車はプラハを10時過ぎに出て、ウイーンに2時過ぎに着きます。

2006_0207_101215.jpg
電車の車内。(廊下?っていうのかな?)

私の気分はすっかり
「世界の車窓から」になって、
あのメロディーが頭をぐるぐる回ります・・・(~_~;)

今回は2等で行ったのですが、車内がすいていることもあり、
一部屋で2人。とても快適でした。
2006_0207_104954.jpg


電車の車内では、せっかく乗ったんだし!
ということで、食堂車でお昼ご飯も食べました。
2006_0207_123540.jpg
食堂車。こじんまりしててかわいい
2006_0207_124132.jpg
食べたオムレツ。すごくおいしかった!飛行機のご飯よりぜんぜんGOOD!!

外は一面の雪景色!
2006_0207_135134.jpg
まさしく世界の車窓から・・・

かなり寒そうでしたが、
ウイーンにつくころには雪も降っていなくて、
まずまず暖かい感じでした。
2006_0207_145628.jpg
ウイーンの駅。寒そうに見えるけどさほど寒くない。

さあ、ウイーンを楽しむわよ!


世界の車窓から・・・
列車に乗ってみたくなったでしょう?
なった!!
という方はこちらをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ランキング参加中です

テーマ:フランスの生活 - ジャンル:海外情報


ウイーン2

ウイーンは言わずと知れた音楽の町。
モーツアルトの町です。

本当は、ウイーンのオペラ座で、
小澤征爾さん指揮のオペラを見たかったのですが・・・
小澤征爾さん病気のため日本で療養中との事・・・
今回はあきらめて、もっとオペラやオーケストラのお勉強をして
ウイーンにもう一度こよう!ということにしました。

2006_0207_161206.jpg
ウイーンの地下鉄。おっしゃれ~!

でも、さすが音楽の町ウイーン。
街のいたるところで大道芸?の人が素敵な音楽を鳴らしていました。

で、夕方から、ウイーンにある、音楽館に行きました。
ここは、作曲家の説明から、ウイーン交響楽団の説明、
その他、歴代指揮者について、はたまた音について
いろいろ知ることができるアミューズメントパーク?
のようなものです。(説明は一切英語orドイツ語(ToT)ですが)
ここはとても面白い!
音に関するこだわりもさることながら
建物内のデザインがすばらしい!
各部屋のデザイン、照明が、その部屋の音を表現していて、
見ていてぜんぜんあきません。
2006_0207_185517.jpg
雑音の部屋
2006_0207_191247.jpg
ウイーンフィルハーモニーを相手に指揮を振るだんな様。後ほど、画面のコンサートマスターに怒鳴られ、楽団の人たちに「やってられねーよ!!!」みたいな罵声を浴びることになる。これ、面白いです。
2006_0207_191616.jpg
おしゃれなデザイン
2006_0207_192400.jpg
素敵な照明

ここに来て、改めて、
昔も今も、美術と音楽って同じ芸術なんだな~と思いました。

夜は、日本食をいただきました。
2006_0207_202600.jpg
だんな様のてんぷら定食
2006_0207_202642.jpg
私の鮭いくらの親子丼
2006_0207_203509.jpg
焼き鳥
とってもおいしかった~。
日本人がいっぱいいる町は、
おいしい日本食屋さんがあってうれしいです!

あしたは、オペラ座、王宮などを見学予定!
たのしみ!


ウイーン音楽館ちょっと行ってみたい・・・かも
そう思ってくれたらこちらをクリック!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。



テーマ:フランスの生活 - ジャンル:海外情報


ウイーン3

文字色今日は晴れてくれました。
晴れると暖かい!

今日は宮殿、教会や王宮、そしてオペラ座を
見学予定。

お昼は、オーストリア名物を食べました。
2006_0208_123216.jpg
ポタージュ。フランスにはない味なのでとてもおいしく食べました!
フランスのピザ大の大きさのカツレツ!!!\(◎o◎)/!35cmはあろうかという大きさでした・・・
2006_0208_123559.jpg
本当に大きいんです!!
2006_0208_131228.jpg
食事をしたお店。
(ちょっと残しちゃった・・・。っていうか残すのが普通の女子です。)
でもとてもおいしかったです!

今日は一日かけて、街を見学しました。
教会では美しい建物に感動し、
王宮では、オーストリア、ハプスブルク家の
複雑な歴史、そして、音楽を育んだ背景をしり、
エリザベート王妃(愛称シシー)に興味を持ち、
オペラ座では、そのすばらしい建築、内装に感激、
そして今私がすっごく興味があるオーケストラについて
いろいろお話が聞けて、
ウイーンを知るにあたってとてもいい勉強になりました。
2006_0208_095139.jpg
シェーンブルン宮殿。大きかった~!
2006_0208_114204.jpg
シュテファン大聖堂内部。厳格な雰囲気。とても素敵です。
2006_0208_141137.jpg
オペラ座内部。素敵!
2006_0208_144735.jpg
王宮。ここにエリザベートがいたんですね~。


少し残念だったのが、
モーツアルトの像。
2006_0208_144113.jpg
モーツアルトの像。
ここは、モーツアルトの像の前に、
ト音記号をかたどったお花が咲いている(予定だった)のですが
・・・・今は冬・・・。
ト音記号の水溜りになってました・・・

2006_0208_144227.jpg
・・・ト音記号の水溜り・・・(ToT)

ウイーン、お勧めの時期は
きっと春・・・でしょうね・・・
(夏はコンサートがやってない)



ウイーンの町を堪能していただけましたか?
堪能できたよ~!
そう思った方はこちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ランキング参加中です!


テーマ:フランスの生活 - ジャンル:海外情報


ブダペストへ

今日はいよいよ、最後の目的地、
ブダペストへ向かいます!
列車で約2時間半。
がたごと揺られ、外の壮大な景色を見ながら
到着です!
2006_0209_103716.jpg
外の景色。風車が延々と続いてます。
2006_0209_130610.jpg
本駅の構内。ここでも「世界の車窓から」の音楽が私の脳裏をぐるぐる・・・(~_~;)
2006_0209_135036.jpg
地下鉄3号線。レトロな雰囲気。

一面雪景色のブダペスト。
かなりの寒さを想定していたのですが、
ん~、マイナス1度~1、2度といったところでしょうか?
そんなに寒くなかったです。

もう、駅に着いたときから感動!でした!

だって、ブタペスト、
東の香り(元共産圏の香り)がぷんぷんなんです!
何だろう・・・うまくいえないけど

日本で言うところの明治維新?みたいな・・・(←どんなイメージだっつ~の)

旧共産圏から、民主化されて、新旧入り乱れ・・・
貧しい人と、裕福な人の差がまだまだあって・・・。
古く美しい建築、そっけない鉄筋の建物に混ざって
新しいお店、新しい建築、白熱灯と、かすんだ空気、
それらががなんとも絶妙に折り重なって
東の香り(元共産圏の香り)が心地よく香ってきました!

2006_0209_150202.jpg
お昼にいただいたハンガリー料理?マカロニとご飯のラザニア?みたいな・・・おいしいけど不思議な食べ物でした。



早速街中を見学。
あまりに美しく、雰囲気のある街、
どこの写真をとっても絵になる街でした。
写真をいっぱい載せますね~!!
2006_0209_145420.jpg
町並み
2006_0209_152836.jpg
並木道
2006_0209_153002.jpg
路上電車を待つ人
2006_0209_153100.jpg
ドナウ川を挟んで王宮を望む
2006_0209_154945.jpg
凍っているドナウ川
2006_0209_155517.jpg
王宮の丘へ行くケーブルカー。レトロ具合がかわいい!
2006_0209_160118.jpg
王宮の丘から街を望む2006_0209_161632.jpg
王宮の丘の上の並木道2006_0209_162417.jpg
教会内部
2006_0209_163532.jpg
大聖堂
2006_0209_164809.jpg
大聖堂と漁夫の砦
2006_0209_180856.jpg
夜の街。この雰囲気がたまらんです!!


美しいブダペストの街!
これてよかった~!!

ブダペストの町の雰囲気が伝わったかな・・・?
伝わったよ~!という方はこちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ランキング参加中です!


ブダペスト2

今日は今回の旅行のメイン?の
温泉へレッツラゴー!です!

と、その前に、市場と、聖イシュトバーン教会を見学。

市場はとても大きく、いろいろなものが売っていて
見ていてあきませんでした!
2006_0210_094556.jpg
市場。大きい!

2006_0210_093950.jpg
市場の売り物。普通に売ってるだけなのに、なんかおしゃれ。。。

2006_0210_104841.jpg
教会へ向かう途中とった路面電車の写真。風情があります
2006_0210_105835.jpg
お散歩しながら思わず作っちゃた雪だるま。

そして、この教会も、昨日見た教会に
負けず劣らずの美しい教会!
2006_0210_112349.jpg
聖イシュトバーン教会外観
2006_0210_113243.jpg
聖イシュトバーン教会の真ん中にあるドーム
すばらしいです。
教会としては、比較的新しいものです。でも、装飾がすばらしい!
欧州の人々の教会にかける意気込みが伝わってきます。

で、いよいよ温泉です!

・・・残念ながら、温泉内写真撮影禁止・・・
写真は取れませんでした。

私たちが入った温泉は、セニーチェ温泉というところ。
大きな外の露天風呂に入ります。
外気はちょうど0度くらい。
露天風呂の温度は38度。ちょっと寒そうですが、
これくらいでも十分でした。

お風呂の中では、おじいちゃんたちが、
チェスを打っていました。
セニーチェ名物「風呂チェス」です。

私たちもそれを見ながら、美しい様式の建物を眺め、
寒い空気に立ち上る湯気、その中にいっぱいいる、
多種多様の人種の人々たちと一緒に、
2時間ほどお湯につかってました。

本当に気持ちよかった~。
2時間お湯に使った後は、体も心もポッカポカ
あがって、0度の空気に接しても寒くなかったです。

その後は、ホテルに帰ってお食事。
ハンガリー舞踊を見て、おいしいご飯を食べて、
大満足でした。

楽しかった中欧旅行もこれで終わり・・・(ToT)/~~~
美しい町並み、違う文化、歴史に大いに触れることができて
本当に良かった。
またいつかきたい。そんな風に思う中欧でした。


ハンガリー行ってみたい~。
中欧行きたい~!!
風呂チェス見てみたい~。
そう思った方はこちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。


テーマ:フランスの生活 - ジャンル:海外情報


ウイーンでスリにあいそうになる

楽しかった中欧旅行ですが・・・
ウイーンで、少しいやなことがありました。

地下鉄に乗ろうとしたときに
すられそうになったんです。

地下鉄の電車を待っていたとき、
私の前にわりこんで来た10歳くらいの女の子。
金髪のロングヘアでかわいい子でした。
でも、動きがなんか不自然。

で、電車が来て、乗り込もうとしたのに、
その子がもごもごしてて私がなかなか乗り込めない。

すると、私のかばんがなんか動いたのです。
で、後ろを振り向くと、
同じく10歳くらいの女の子が
わたしのかばんに手を入れようとしていました。

で、とっさ的に彼女の腕をはたいて、にらみつけました。

すると、彼女は
「何もとってないよ~」なんてポーズをとって、
もう一人の女の子と足早に逃げてゆきました。

そりゃそうだ、簡単に取られるような場所に
大事なもんはいれとかないよ。

でも、そういうことじゃないでしょう!!!
スリをしようとすることが問題でしょ!!!

腹が立つと同時に、物悲しくなりました。
まだ10歳くらいの女の子2人。
スリをしなくちゃ生きてゆけない・・・という
感じの格好でもないけれど、いたずらでやってるわけでもなく
スリで金を稼いでる・・・という感じでした。
なんでまだこんな若い子がスリをするのだろう・・・。
まだまだ未来は大きく開いているのに。
スリなんかに走らなくてもどんな可能性も残っているのに・・・。

悲しく腹立たしい出来事でした。

今回は日本人だから狙われたということは
大いにあります。
日本人怒らないし、無防備な人も多いし・・・
(私もそう見えたのでしょう。ハンドバックだったし。)

あとから考えると、
彼女の胸ぐらでもつかんで、日本語でも何でもいいから、
怒鳴りつけてやればよかった・・・。
駅員にでも、警察にでもつきだしゃよかった・・・。
怖い思いをさせるべきだった・・・。
そう思いました。

私が睨んだだけで終わってしまったことで、
彼女たちはまた同じ事を繰り返すのでしょう・・・。

どこかで大きな過ちに気がついて、改心して、
いつか素敵な女性になってくれることを
願うばかりです・・・。

皆さんも欧州旅行はスリに気をつけてくださいね。
スリは欧州の十八番?ですよ!
(とられるほうが悪いんですって・・・)
とられて困るものはとられにくいところへ
しまいましょう!

欧州旅行のスリ情報でした。

すりには気をつけます!
そう思ってくれたらこちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ランキング参加中です





テーマ:フランスの生活 - ジャンル:海外情報




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。