お気楽南仏生活
彼氏の赴任についていくために急遽結婚、 お気楽新婚生活を南仏で送っている 新米主婦のお話 南仏(&ヨーロッパ)の日々の暮らしをお届けします

自己紹介!

きよ

  • Author:きよ
  • 南仏お気楽生活へようこそ!
    南仏の日常の情報、
    いっぱい詰め込んで行きますね!



カレンダー

2月の中欧旅行記アップしました!カテゴリーの「2月のバカンス中欧旅行」をクリックしてね!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事

だんだん春まっさかりになってきた南仏です。



最近のコメント

コメントよろしくおねがしま~す



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー

5月のオランダ気候、一気に更新しました~!ご覧ください~。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



FC2カウンター



フリーエリア

このブログが気に入ったら下のバナーをクリック! クリックするとブログランキングへ飛びます。 同時に投票ができる仕組みです。 順位が上がると見に来てくれる人が増えて、私のやる気もUP! ↓応援クリックお願いします!↓

banner banner banner



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


冬のバカンス~いざエジプトへ!

今日から冬のバカンス!
悩みに悩んだ冬のバカンスの行き先は、エジプト!!!
カイロ、ルクソール、5泊6日の旅です!

おとといのブログにも書いたように、
今回の旅行は、ツアー。
私もだんな様もツアー旅行に参加するのは初めて。
どんな感じになるのかわくわくです!!

まずはそのツアーが出ているロンドンへ!

今回のロンドンへの飛行機は「bmi」という
格安航空会社を利用しました。
2005_1226_110704.jpg
「bmi」の飛行機。色がかわいい。

ツアーの人たちと合流して、
エジプトの首都、カイロを目指します。
旅程は、
カイロにまず2泊。その後ルクソールに2泊、
再びカイロに戻ってきて1泊・・・という予定です。

カイロまでの飛行機は
エジプト航空。
なかなか良い飛行機でした。
2005_1226_195731.jpg
エジプト航空の機内食。おいしくはないけど、まずくもない・・・かな?

カイロに到着したころは夜中。
すっかり真っ暗です。(当たり前)
2005_1226_234002.jpg

思いがけずきれいだった空港。
どうやら、このターミナルは今年の
春くらいにできたものだそう・・・


空港からバスに乗ってホテルへ・・・
街中を見ると・・・
2005_1226_234329.jpg
この雑踏感、たまらないです!
わくわくします!!!私、こういう雰囲気大好きです!

本格的に動くのはあしたから!!
初めてのアフリカ大陸、
古き歴史を持つ神秘の国エジプト!!!

楽しみ~~~!!!(^o^)/


私も楽しみ~~!!
そんな風に思ってくれたあなた!!
こちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへランキング参加中です。


スポンサーサイト

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報


カイロの町

朝、ホテルから部屋の外を眺めると
こんな景色が!
2005_1227_062539.jpg
そう、このホテルは、ナイル川の島の中に立つホテル。
素敵な景色でしょう?
カイロの町は思っていた以上に近代的
そしてでかい!!!びっくりしました。

朝食をとったあと、早速観光へ。
バスに乗って、まずは、サッカーラというところを目指します。

ここは階段ピラミッドが有名な土地。
階段ピラミッドは、初期型ピラミッドだそうです。
数あるピラミッドの中でもふるく、そして、
このサッカーラにあるピラミッドは形状が美しく残っているそう。
初めて見るピラミッドにドキドキです。

途中バスの中からみた景色
2005_1227_074508.jpg
この家にはみんな人が住んでいるわけですが、
み~んなこんな感じ。
なぜか、一番上が完成されていない
建築途中?という家ばかりでした。
お金がたまったら上を継ぎ足せるようにしているそうです・・・
面白い・・・(~_~;)

もうすぐエジプトでは、犠牲祭というお祭りです。
2005_1227_080712.jpg
この羊君たちは、その犠牲祭の生贄くん・・・(ToT)

ちょっとかわいそうです(ToT)

サッカーラでは、貴族の墓の内部と、階段ピラミッドを見学しました。
2005_1227_091518.jpg
美しく形状が残っている階段ピラミッド。

2005_1227_085514.jpg
警備をしている警察の人。らくだに乗ってる。。。


2005_1227_091612.jpg
死んでいる犬?!
いえいえ、階段ピラミッドのそばでお昼寝中のわんこでした。


エジプト紀行、早く続きを読みたいわ!
そう思ってくれたら
こちらを応援クリックしてください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへランキング参加中です


テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報


ギザの3大ピラミッド、スフィンクス、そしてらくだ

サッカーラから、今度は、ギザへ向かいます。
ギザといえば、3大ピラミッド!!!
スフィンクス!!!これぞエジプト!!!という景色が見れるはず!!!

まずは、ピラミッドへ!!
そのあまりの大きさと、その美しい形状に
しばし呆然・・・

2005_1227_115549.jpg
3大ピラミッドを望む景色

3大ピラミッドは、クフ王、カフラー王、メンカウラー王の
ピラミッドを指します。
一番有名なのはクフ王。世界不思議発見でもおなじみです。
2005_1227_113213.jpg
クフ王のピラミッド
2005_1227_110115.jpg
美しい形状

で、今回私たちが中に入ったのは、
2番目に大きいカフラー王のピラミッド。

中はどんなだったかというと・・・
すごい数の見物人が暗闇の細い通路を進んでいます。。。
とにかく暑い!そしてすごい湿気!!!
二酸化炭素地獄、酸素くれー!!!
という感じでした。
入れた・・・というだけで、まあいいか。という感じです・・・(~_~;)

でも、このピラミッド、普通のピラミッドと違うでしょ?
2005_1227_110318.jpg
カフラー王のピラミッド
頂点ふきんに、なにかかぶってるでしょう?
これは、化粧石というらしいです
本当はピラミッドは、こんながたがたのものではなくて、
この化粧石が、全面にあって、表面はまっ平らだったそう。
知りませんでした・・・!!!驚きです!

青い空と、まぶしい太陽、ピラミッドのコントラスト。
その完成された美しさに今でも圧巻されるのに・・・
太古の昔、これらのピラミッドは、
太陽の光を受けて燦然と輝いていたのかと思うと、
鳥肌ものです。


その後は、らくだライディング!
らくだちゃん、とってもかわいかった~
でも、かなりでかかった・・・(~_~;)
そして、う○こ、お○っこしまくりでした・・・(~_~;)
2005_1227_114722.jpg
2人でらくだちゃんライディング
2005_1227_120106.jpg
らくだちゃんとピラミッド
でもとっても楽しいライディングでした。

そして、スフィンクスを見に!!!
これぞエジプト!!!という景色が目前に広がりました!
2005_1227_122020.jpg
私の思い描くエジプトそのもの。

強い日差しの中、壮大な風景が広がる・・・

ああ、エジプトに来て良かった!!!
そう思った瞬間でした


私もピラミッド見てみたい!!!
そんな風に思ってくれたあなた!!!
こちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ランキング参加中です!


テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報


エジプトの気候

ギザを満喫した後は、
再びカイロに戻って、エジプト考古学博物館へ。

2005_1227_153255.jpg
エジプト考古学博物館

ここは、写真撮影禁止だったので、
内部の写真は写せませんでしたが、
ここの目玉はなんといっても、
ツタンカーメンの墓から出てきた秘宝?たち。
ツタンカーメンのマスク、棺、装飾品の数々。

言葉で説明するのは難しいですが、
本当に神秘的です。
だって、目の前にあるその棺、マスクたちは、
今から3300年も昔のものなのに、
本当に良くできていて、美しく、威厳のあるものなんです。
そのころの人々にこれだけのものを表現する心と力があったとは・・・
信じられない気持ちでいっぱいになります。

基本的に美術館関係、あまり得意としない私ですが、
ここは本当に面白かったです。
(っていうか博物館だし。っていうより、物置のようでした)
すごい展示物の数、ここはカイロでも必見の場所だと思います。

そうそう、エジプトの気候に関して
ちょっと触れておきたいと思います。

エジプトは、冬がベストシーズンだそうです。
夏は暑すぎて、午前中しか見て回れないとか・・・(~_~;)

で、冬の気候はというと・・・
昼間は20度、夜は5度というかんじ。
日が暮れると一気に冷え込みます。
ということは日陰も涼しい。(むしろ寒い)
そして風がふくともっと寒い!
だからこの時期のエジプト旅行は、
タンクトップの上に、七分たけとか半そでのTシャツ、
その上に長袖の羽織れるシャツのようなもの、
さらにその上にジャンパーくらいがベストかと。


昼間暑い時は、Tシャツだけ。夕方からはジャンパーを着て。
という感じで。
重ね着で対応します。
ホッカイロもあると便利かもですね。
寒いと楽しめないから、防寒はしっかりしたほうがいいと思います。
日本で言うところの11月くらいのお洋服でちょうどいいかと。

荷物多くなるけど、日焼けもあまりしないし、
本当にいい季節かも知れませんね。


エジプトの気候、
やくにたったよ~!!
そういう方はこちらをクリック!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ランキング参加中です





テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報


ルクソールへ

今日は、早朝に起きて、飛行機で一路、ルクソールへ。
カルナック神殿と、ルクソール神殿を見学します!

カルナック神殿に行ってびっくりしたのは、
スフィンクスのすさまじい数と、
観光客の数・・・(~_~;)
まるでお祭りのようでした・・・
2005_1228_095926.jpg
すごい数の観光客

カルナック神殿にしても、ルクソール神殿にしても
本当にすべての柱などが大きくて立派。
その柱すべてに、レリーフ、もしくは凹型の彫刻が施され、
色が少し残っていました。
当時は、きっとすばらしくカラフルな状態だったのでしょう。

想像するだけで楽しくなります。

2005_1228_110033.jpg
カルナック神殿の柱

そして、その柱の巨大さ、形状の美しさ、
部品のあわせの正確さもさることながら、
その柱に施されている彫刻の見事さにも
目を奪われます。

大きいものに絵を描くことは私たちですら非常に難しい。
形が狂ってしまったりするもんです。
でも、古代エジプトの彫刻にはそういうことが一切ない。
お墓内などに描かれている小さな神々(高さ30CM)ほどのものも、
その巨大な柱に施されている神々(1m近く)のものも、
まったく同じ絵柄がきれいに拡大され、
寸分の狂いもない状態なのです。
それが、今から3500年も前の人々が描いた絵ですよ?

驚愕です。。。

2005_1228_101800.jpg
柱に施された彫刻の数々

そして、巨大なオベリスク。
どうやってその柱を立てたのか、その技術も
いまだ解明されていないようです。
でも、私の目の前には、3500年もの間のいくつかの大地震を、
かいくぐってきて、それでも倒れていないオベリスクがある。
2005_1228_102907.jpg
カルナック神殿に聳え立つオベリスク

古代エジプト文明・・・
本当にすごい。。。

この2つの神殿は、もう、口を開けっ放しで、呆然としてしまう、
そんなかんじでした。


2005_1228_130817.jpg
ルクソール神殿の入り口ふきん
ここは、元は、オベリスクが2本。右側のオベリスクはパリのコンコルド広場に立っています。


私もエジプト文明を肌で感じたいわ!
そう思ってくれたら、
こちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ランキング参加中です


テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報


ファルーカに乗る!

午前中、神殿を回った後、ファルーカに乗りました。

ファルーカとは、白い帆掛け舟のこと。
2005_1228_142906.jpg
ファルーカ

スピードは風任せ。
ファルーカにのってちょっとしたナイル川クルーズです。
2005_1228_143409.jpg
ナイル川に浮かぶファルーカたち。

実は、ナイル川って全長で、標高30m!?しか下がってないそうです。
だから、上流から、下流にかけて、帆掛け舟で流れのままに行くと、
海に出るのは3週間かかるそう。
でも、逆に、下流から上流に行くのは、
海からの吹き上げの風で、
3日(正確かどうかわからないけど)でいけるそうです。

だからファルーカもゆっくりゆっくり水の上を動きます。
青い空と、白い帆掛け舟がとてもきれいでした。

2005_1228_141934.jpg



ファルーカ。。。
素敵!そんな風に思ってくれたあなた!
こちらをクリック!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ランキング参加中です


テーマ:フランスの生活 - ジャンル:海外情報


スーク(市場)へ行く!

その後、ツアーのオプション、スーク(市場)散策へ。
スークは、日用品からお土産品まで、
さまざまなものが売っています。
スークでは、値段交渉は必須。
値段はあってないようなものらしいです。

相手の言い値の3分の1の値段から交渉を始めて、
折り合いをつけて買う。
そういうやり方です。
わくわくしながらスークへ!

スークの様子。
2005_1228_155044.jpg
この雑踏感がたまりません!

スークの中に足を踏み入れると、
1メートルごとに(要は、すべての店の店員に)
すごい勢いでいろんな日本語を声をかけられます。
「1ダラー(1ドル)、1ダラー」(外貨がほしいらしい)

「ミルダケタダ!!!ミルダケタダ!!!」

「ヤスイ!ノータカイ!!!」
(これは私は「安いの高い。」と聞こえたので、
意味わからなくて大笑いしちゃいました。)

「チョットマッテ~」
「ナカタ!ナカタ!」(だからなに!!)
・・・そして

「ミルダケタダ!カウトタカ~イ!」(意味わかってない・・・)

「ヤマモトヤマ!」(なぜ・・・?!)

「バザールデゴザール」???(もう意味不明。)

本当に聞いているだけで楽しい!

スークではイスラム圏の女性がはいているサンダルを
購入しようと決めていたので
適当にいい店を探して、いざ交渉開始!

まず、相手の店員は、とにかく物を勧めてきます。
サイズをいろいろ出してくれたり、
いろんな柄のサンダルを出してくれます。
で、それを制止して、
「ハウマッチ??」

すると、
店員:「120£E(約2400円)」
これは、高い!!!
(日本人にとっては安いですがエジプトではかなり高い額です)
ということで、
私たち:「高いよ~」と言って見る。
店員さん:「いくらなら買うの?」
私たち:「じゃあ、50£Eにしてよ」と、交渉開始。
店員さん:「え~!!これ、全部皮だよ?ハンドメイドだよ?手縫いのソーイングだよ?50£Eは無理だよ~!」・・・と。
私たち:「じゃあ買わない。」←かなり強気。
店員さん:「え~(ToT)じゃあ、間を取って110£Eでどう?」
私たち:(ってか、間とってないじゃん!!!<(`^´)>)
「いや、だめ。50。」

店員さん:「じゃあ、100£E!!!」
私たち:「だから、50£Eじゃなきゃだめ。もういいよ。帰るよ」
店員さん:「じゃあ、80£E。これでどう?」
私たち:「ダメダメ。かえる。」と行って店を後にしました。

が!!!!\(◎o◎)/!

「チョットマッテ~、チョットマッテ~!!!」といいながらサンダル抱えて後を追ってくる店員。

まさか、後まで追ってくるとは・・・

そして、
店員さん:「75£Eでどう?」
私たち:(お、かなり下がった。)
ここまできたらあとちょっと。
ここで私たちも初めて折れてみる。
私たち:「じゃあ、55£Eなら買ってもいいよ。」
店員サン:「じゃあ、間を取って70£E!」
私たち:(だから!間とってないし!!)
     「・・・だめだめ。かえる。」

と、また店員を振り切り帰路へ。

しか~し、まだあきらめない店員!

「チョットマッテ~チョットマッテ~!!!」

とまた走って追っかけてくる。
店員さん:「65£E!!!」
私たち:(よし、後一歩!再び折れよう)
「じゃあ、60£E。これ以上は絶対買わない。」

すると、店員さん、しぶしぶしながら
「・・・わかったよ~、60でいいよ。」
この間、約15分、移動した距離100M。

結局言い値の約半額、60エジプトポンド(約1200円)
交渉成立!!!(これでもきっと高いと思うけど)

いやあ、本当、楽しかったです。
別に私たち、ケチなわけではないですよ~。念のため。
こういう交渉を楽しんだだけです!!本当だよ~。

すっかりスークがお気に入りになった私たち。
とっても楽しくお買い物ができました!

スークに行って交渉したい!

そんな風に思ってしまったあなた!
こちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
ランキング参加中です!


テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報


葬祭殿と王家の墓

今日は午前中に、ハトシェプスト女王の葬祭殿と、
その後、王家の墓を見学しました。

王家の墓へ行く道程に、
昔、王家の墓に泥棒に入っていた人たちを
先祖にもつ人々が、住む集落を通りました。
(今はもちろん泥棒さんではありません)
2005_1229_082439.jpg
なかなか味のある建物。

ハトシェプスト女王の葬祭殿では、
とても立派な壁画、ヒエログリフ(古代エジプト文字)
を見ることができました。

私たち夫婦はツアー旅行(ガイド付き)は
今回の旅行が初めてだったのですが、
ガイド付きで本当に良かったと思いました。
ガイドさんにいろいろ教えていただいた
壁画や、ヒエログリフを思い起こしながら見学する
ハトシェプスト女王葬祭殿は本当に面白かったです。

エジプトに初めて行く人は、ぜひ、
ガイド付きツアーをお勧めします!


2005_1229_085911.jpg

ハトシェプスト女王葬祭殿の立派な壁画

2005_1229_091412.jpg
今も修復をされている壁画

2005_1229_091702.jpg
ハトシェプスト女王葬祭殿の入り口


王家の墓は、大きな山(岩?)にあちらこちらに
穴(というか立派な地下道)が掘られていて、
そこを墓としていました。
盗賊から墓を守るために、
岩に墓を掘り、墓が完成し、ミイラをおさめた後には、
再び砂や土で墓を埋め、隠していたそうです。
なので、墓は発掘しないと発見できないんですね。

2005_1229_102810.jpg
王家の墓

2005_1229_105420.jpg
今も発掘中のお墓


私もなにか発掘してみたいなあ・・・
すんごい物が出てくるかも・・・
なんて気持ちになっちゃいました

今日は、この後は自由行動!
お昼を食べて、街を散歩します!


私も発掘したい!
そんな風に思ったあなた!
こちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ランキング参加中です


テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報


午後は自由行動!

午後は、今回のツアー初の自由行動!
お昼ごはんを食べて、
ルクソールの町の中心部へ行くことにしました。

お昼ごはんは

2005_1229_143243.jpg
豆のスープ(激うま!)と、
2005_1229_144328.jpg
タンドリーチキン。

とってもおいしかったです!

その後、テコテコ歩いて、
ミイラ博物館とルクソール博物館へ。

ミイラ博物館ではミイラの写真を
とろうと思ったのですがやめました。

飾ってあるミイラは、発掘品(物)のように感じてしまうけど
よくよく考えるとこれは、死体。(当たり前)
3500年前には、私たちとなんら変わりなく
生命を持ち、生きていた人。
私がもし、3500年後、自分の屍が写真撮られたりしていたら
ちょっといやかも・・・
そう思って写真を撮りませんでした。

でも、ミイラって本当にすごい。
色は黒ずんではいるものの、
「やせている人」そのものです。髪の毛とかもしっかりあるんです。
驚きました。
そして、3500年前のその技術も、本当にすごいことだと思います。

その後、街を散歩して、ルクソール博物館へ
2005_1229_155729.jpg
散歩途中の夕焼け。とてもきれい。

博物館を見学し終わると、
結構歩き疲れていたので、
帰りは馬車で帰ることにしました。

この馬車も交渉が必須です!
「地球の歩○方」には、馬車の値段、5E£~無限大と書いてあります。
要は、交渉しだい。ということです。
「だまされた!」という投稿も多いので、
なので、今回の交渉はちょっと慎重に。

道で少しきょろきょろしていると1分もたたないうちに
「へ~い!乗ってく~?」という感じで声がかかります。
で、私たちが、「ホテルまで行きたい」というと、
「いいよ~のって乗って~」
とくるので、まず、乗る前に、「ハウマッチ?」

さあ、交渉開始です!

運転手:「30E£!」
私たち:(高い!)「10E£にしてよ」
運転手:「じゃあ、間を取って25E£!」
私たち:(!!間とってないじゃん!!)「10E£じゃなきゃ乗らない」
運転手:「え~、じゃあ、20E£!」
私たち:「もういいよ。乗らない。歩いてかえる。」といって、その場を離れる私たち。

が!!!\(◎o◎)/!スークのデジャブ??!!

馬車の運転手、馬車を降りて駆け足で追ってくる!

運転手:「じゃあ、15E£でどう?」
私たち:(馬車はほったらかしでいいんかい?)
    「だから、10E£じゃなきゃ乗らないって!歩いて帰るよ!」

運転手:「ホテルまでは5kmだよ?歩いてなんか帰れないよ!」
私たち:(ここまで歩いてきたっつーの!5kmもないっつーの!!!)
    「いい。歩けるから、乗らない!」


なんてやり取りをしていたら、
「へ~い!どうした?」と、もう一台の馬車が。
その運転手、「いくらなら乗るの?」
私たち:「10E£」
運転手B :「・・・よし、いいよ!乗りな!」
私たち:「本当?ノーバクシーシ(チップ)だよ?
     うそついたら、お金払わないよ?」
と念には念を押す私たち。
運転手B :「おーけー、おーけー」

で、交渉成立!
馬車に乗りこもうとしたら、
さっきまで交渉してた運転手も
乗ってくるではないか!\(◎o◎)/!


そっか、よくよく見ると、
この馬車さっきまで交渉してた人の馬車と同じ。
2人一組で仕事してたのね。
だまされたわけではないのでいいけれど、
良くやるなあ・・・と少し関心。

その後、馬車に乗った後は、
英語、フランス語、日本語交じりで
4人で和気藹々と楽しく馬車ドライブ。
街を紹介してくれたりしたので、
ノーバクシーシの予定でしたが、
2人に2E£払いました。(ケチ)

2005_1229_180737.jpg
ホテルの前でだんな様と馬車。

いやあ、交渉は本当に楽しい!

ということでとっても楽しい自由時間をすごすことができました!


私も交渉してみたい!
そんな風に思ったマニアックなあなた!
こちらをクリック!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング

ランキング参加中です!


テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。